本文へスキップ

パティシエにあこがれて、製菓衛生師・菓子製造技能士になる

製菓衛生師・菓子製造技能士

製菓衛生師とは/パティシエになる方法

製菓衛生師とは

製菓衛生師は国に管理されている資格でありパンや菓子などの製造の品質向上を目的とし、複雑な菓子づくりの技術と、食品添加物など衛生面の管理ノウハウを持つ証明となる国家資格です。

製菓衛生師は製菓を行なう上で必ず必要な資格という訳ではありませんが、お菓子の業界では製菓衛生師の資格を持つてはじめて一人前のお菓子やさんとみられます。

製菓衛生師資格は製菓技術の向上や製菓技術の習得度を示す事の出来る資格です。

資格の取得には各都道府県によって行われている製菓衛生師試験に合格する事によって取得出来ます。

製菓衛生師は、おいしくかつ安全な菓子づくりに必要な知識や技術を備えたと認められた者に与えられる資格で、試験では技術的なことよりも製菓材料の添加物チェックや製品の安全性の確保、貯蔵のための衛生面の管理・監督といった部分が重視されています。

店の衛生管理者=製菓衛生師ともいえるので、将来経営者として独立開業したい希望を持つ人が取得をめざしています。



TOPICS


ナビゲーション